Q1.なぜ虫歯ができるの?

口の中にはたくさんの細菌が住んでいて、細菌は食べカスや砂糖を栄養にネバネバしたものを作り歯の表面につきます。これが歯垢、プラークです。
歯垢の中で細菌は糖を酸に変えます。酸によって歯の表面が溶かされて虫歯になります。

Q2.口内炎ができたのですが、診てもらえるのですか?

歯科医院で診てもらうといいでしょう。
口内炎のほとんどが歯磨きや食事など物が当たると痛みを伴うため、思うようにケアが出来ません。
当院では早期回復のため、レーザー・塗り薬で口内炎の治療をお勧めしております。

Q3.乳歯の虫歯が多いです。このまま永久歯になっても大丈夫でしょうか?

乳歯に虫歯が多いと、永久歯も虫歯になりやすくなります。不潔な口の中の環境が続く限り、虫歯は避けられません。このまま虫歯で早い時期に乳歯が抜けると、永久歯の生えてくる位置がくるってきます。

また、永久歯の歯並びが悪くなりやすくなります。また、最近では永久歯欠損(永久歯が生えてこない)子供も増えてきてます。乳歯のうちから歯を大事にしましょう。
Q4.治療中の痛みはありませんか?

麻酔で痛みを取って治療をしていきますが、すでに強い痛みがあるときには非常に麻酔が効きにくいものです。痛みが出る前に早めに治療することをお勧めします。

Q5.親知らずが生えてきました。抜かないといけないでしょうか?

親知らずは生えない人も多く、たとえ生えてきても不完全な形で生えてくることが多いのです。

その原因として考えられるのは、親知らずは他の歯が生え揃ってから出てくるので、生えるスペースがなく斜めや横向きに生えてくるのが多いようです。

その他にも顔を出しそこなって歯茎の中にもぐったまま、生えてこないこともあります。斜めや横向きに生えてくると当然ほかの歯に影響を及ぼし、隣の歯を押して歯並びを悪くしたり、噛み合わせも悪くすることがあります。

また、隣の歯との間に食べ物のカスがつまりやすく、虫歯をつくったりします。もともと一番奥にある歯で歯ブラシも届きにくいため虫歯になりやすいです。このような症状が出て痛みがある場合は抜いています。

まずはご相談下さい。


Q6.歯並びが悪いとどうなるの?

歯と歯の間に汚れがたまりやすく、歯みがきがしにくくなります。

その結果、ムシ歯や歯周病にかかりやすく歯の寿命も短くなります。

また、噛み合わせが悪いと良く噛めないだけではなく、全身の姿勢のバランスをくずし、頭痛や肩こりなどの原因になることもあります。

Q7.歯を白くしたいのですが

ホワイトニングという薬剤を使って白くする方法がありますが、歯石や着色を除去することで十分に改善する場合もあります。

また、歯の変色が強い場合や、まだら模様の歯であれば白いかぶせ物をする方法もあります。

Q8.訪問歯科診療とは何ですか?

歯科治療を受けたいけれど、通院が困難な方(寝たきりの方など)に満足してもらうために、歯科医師と歯科衛生士が入院先の病院や自宅に伺い治療を行うことをいいます。

Q9.訪問歯科診療ではどのような治療を行っているのでしょうか?

治療内容としては、入れ歯に関することであれば、壊れた入れ歯の修理・入れ歯を新しく作る・入れ歯の調整などがあげられます。
他にも虫歯の治療・抜歯・歯周病の治療なども行っております。

また、治療と平行して口腔ケア(口腔内の清掃)や口腔リハビリ(摂食嚥下訓練)なども行います。

Q10.訪問歯科診療の費用は高いのでしょうか?

訪問歯科診療は医療保険のみ、あるいは医療保険と介護保険の併用で行います。特別な訪問料を別にいただくことは全くありません。

Q11.口臭が気になるのですが

口臭には本当にさまざまな原因があります。
歯周病などの場合は、歯科で治療していただきます。
一度当医院へご相談下さい。

自宅では、歯磨き・うがいを丁寧に行ってください。
また舌も一緒にこすって、キレイにしましょう。



Copyright(c) 医療法人社団三州会 アポロ歯科医院 .All right reserved